まずやることは格安引越し業者がどこにあるかを探すこと

引っ越し業者選びは値段だけでなく保障内容を考えて

妊娠中に家族向けの物件に引っ越しをすることになりました。

 

1LDKで夫婦2人暮らしから近隣物件(徒歩20分の距離)への引っ越しだったのですが、マンション2階からマンション7階への荷物の運搬作業にかかる時間や必要な人員などは遠方への引っ越しとさほど差がないため、想定いているよりも費用が値引きされませんでした。

 

引っ越しで業者に依頼する場合には、サービス内容や費用に差があるため数社で見積もりをとることが必要です。

 

その時は、3社で見積もりを取りました。

 

2人分の荷物だけで多くはなく、近距離なのでそれほど丁寧な梱包も必要ないだろうと、見積もり額で一番安く引き受けてくれる業者に依頼しようと思っていたので、地元のマイナーな引っ越し業者、大手引っ越し業者と両方の見積もりをとり、説明を聞いて内容を比較してみることにしました。

 

料金だけで言うと、やはりマイナーな引っ越し業者の方が安くなりました。

 

>>参考 引っ越し見積もり

 

安い業者だと5万代後半、大手の業者だと8万程度の金額が提示されました。

 

しかし、大手の業者に安い業者でお願いしようかと思っている旨を伝えると、さらに1万円は値引いてくれるとのこと。

 

そして、運搬の人員もドライバーと別に2人で計3人派遣してくれる上に、荷造りに必要な段ボールやガムテープなどを自宅に届けてくれるサービス付。

 

ここまで来ても、値段がな〜・・・。と悩んでいましたが、大手業者さんの、安い業者さんはドライバーと1人計2人で作業を行うことが多く、梱包や搬送がやや雑になる傾向があると言われたのが決めてになり、1万円程度の差であるなら大手業者に任せようということになりました。

 

また、大手業者の方では、引っ越し作業中に起こった物損などに対する補償が充実していた点も決めてになりました。

 

 

引っ越し数か月前に、大型テレビ、大型洗濯機の、冷蔵庫の買い替えを行っていたので、もし引っ越し作業を経てそれらの電化製品に動作不良が起こった場合、修理代を自分たちで負担することと、引っ越し代1万円の差を天秤にかけた末の判断でした。

 

>>参考2 引越しやること

 

学生時代など一人暮らしの時は、大した電化製品や貴重品も所持していなかったので、とりあえず安い業者を探して引っ越しを依頼していましたが、家庭をもつようになると所持しているものにも変化があり、大切に運搬してもらいたいものもできてきます。

 

安心、安全に引っ越し作業を終えて欲しい時には、保障のしっかりとした業者を選ぶことをおススメします。

 

また、妊娠中は引っ越しの立ちっぱなしがけっこうきつかったので、スタッフ人数が多く、短時間で引っ越し作業を終えてもらって良かったと思っています。

引越し料金のために消費者金融を利用した体験談

引越し料金のために消費者金融を利用した体験談
投稿日: 2016年5月2日 投稿者: bugz
消費者金融というと正直言うと、悪いイメージがあるはずです。サラ金という言葉も悪い意味にて使われてしまっています。消費者金融というと暴力団と関係があって、暴力団の人が取り立てに押し掛けるイメージもあるかと思います。

 

けれども実際に私が消費者金融を利用してみたところ、意外とデメリットを感じることはなかったのです。例えば消費者金融だからといって、ほかのキャッシングサービスと比べて特別利息が高いということもありませんでした。

 

今は法律で利息の限度が定められているからです。よほどの名の知れない闇金などでなければ、法外なほどの利息を請求してくるところはないのです。消費者金融であっても大手で名前が知られているところであれば、法外な利息を請求される心配をする必要がないのです。

 

また私は実は一度全然返済ができなくなってしまったことがありました。そんな時であっても暴力団のような人が取り立てに来るようなことは一切ありませんでした。むしろそれどころかメリットがありました。審査の敷居がとても低いのです。私がフリーターであった時でもしっかり審査に通ることができました。

 

参照サイト:キャッシング審査不安

 

しかも審査時間も銀行などに比べると、圧倒的に短かったです。そして即日融資を受けることもできました。消費者金融以外のキャッシングであると、なかなか即日融資は難しいことが多いです。けれども私がこれまで利用してきた消費者金融においては、ほとんど即日融資ができないところはなかったのです。

引越しの荷造りの苦労

引越しでは、住所変更などの手続きも大変ですが、今は色々なインターネットのサイトで、どの段階でどのような手続きが必要かがすぐに分かります。その順番で手続きをすれば良いので、昔よりは楽になっています。

 

それより大変なのは、荷造りです。荷造りまでお任せの引越しコースを選ばない限り、普通は自分で荷造りをしないといけません。しかし、早めから計画的に荷造りしないと、とくに初心者は、引越しの当日に間に合わないのです。余裕をもって一か月ぐらい前から、荷造りを始めましょう。

 

こちらのサイトでも荷造りのコツについて解説されています。

 

>>引越し裏技.com

 

荷造りの順番は、普段使わないものから始めるのがコツです。一か月ぐらい使わないものからダンボール箱に詰め、部屋の奥から積んでいきます。直前まで使うものを手前にすると、後で必要になった時も取り出しやすくなります。

 

また、中に入っている物品名も、マジックなどで大きく書いておくと分かりやすいです。そのさい、重要なものや「ワレモノ注意」、引越し後にすぐに使うものなどの表記は、箱の上面だけでなく、箱の側面にも何か所か書いておくと、積んだ状態でも見えるので便利です。

 

あるいは箱の色を変えるとか、赤いガムテープで封をするのも目印になります。引越した後、その日にすぐに、重要なものの確認と、その日に使うもの(洗面用品ややかんや食器など)を取り出すことができます。引越し業者のスタッフに頼んで、それらだけ別の場所に運んでもらうと、もっと楽になります。

 

ダンボール箱は、何種類かの大きさがありますが、本などの重いものは小さなダンボール箱に詰めるようにしないと、底が抜けたり、持ちあがらなかったりします。逆に軽いものは大きなダンボール箱に入れると、積み込みがしやすくなります。

 

つまり、重い荷物(小さなダンボール箱)からトラックに積み込み、その上に軽い荷物(大きなダンボール箱)を置くようにできるので、効率的に引越しができます。ダンボール箱の数も、最初に予想しているよりも多くなることがほとんどなので、早めから荷造りをすると、後で追加することができるのです。

 

引越しの前日になって足りないことが分かっても、そこから買いに行くのも大変です。近所に遅くまで開いているスーパーやコンビニがあれば、分けてもらうこともできますが、やはり手間がかかります。